岡山大学病院 低侵襲治療センター

スタッフ紹介

センター長

藤原 俊義(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学 教授)
藤原 俊義 卒業年: S60
出身大学: 岡山大学
取得資格: 日本外科学会指導医、日本消化器外科学会専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本消化器外科学会指導医 消化器がん外科治療認定医
米国 USMLE(前 ECFMG)試験合格(0-475-351-3)
所属学会: 日本外科学会、日本消化器外科学会、日本胃癌学会、日本遺伝子治療学会、日本再生医療学会、 日本癌学会、日本癌治療学会、日本臨床腫瘍学会、日本胸部外科学会、American Association for Cancer Research (AACR)、American Society of Clinical Oncology (ASCO),American Society of Gene Therapy (ASGT)

副センター長

香川 俊輔 (低侵襲治療センター 准教授)
香川 俊輔 卒業年: H4
出身大学: 岡山大学
取得資格: 日本外科学会指導医 専門医、日本消化器外科学会指導医 専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医、日本胃癌学会評議員、臨床研修指導医、日本内視鏡外科学会技術認定医(胃)
所属学会: 日本外科学会、日本消化器外科学会、日本胃癌学会、日本内視鏡外科学会、日本消化器内視鏡学会、日本胸部外科学会、日本癌学会、日本遺伝子治療学会、日本外科系連合学会
自己紹介: 主に胃癌の手術を担当します。センターでは低侵襲治療に関わる医療機器整備と研修教育事業を進め、患者、医療従事者にとって最適な医療をめざして参ります。

消化管外科

講師

西崎 正彦
西崎 正彦 卒業年: H5
出身大学: 岡山大学
取得資格: 日本内視鏡外科学会技術認定取得医、日本外科学会認定医・専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本癌治療学会代議員、腹腔鏡内視鏡合同手術(LECS)研究会世話人、単孔式内視鏡手術研究会世話人
所属学会: 日本内視鏡外科学会、日本外科学会、日本消化器外科学会、日本胃癌学会、日本消化器内視鏡学会、日本癌治療学会、日本ロボット外科学会、日本臨床外科学会、The Society of American Gastrointestinal and Endoscopic Surgeons (SAGES)、Clinical Robotic Surgery Association(CRSA)、LECS研究会、単孔式内視鏡手術研究会、GIST研究会
自己紹介: 外科手術手技と最新のテクノロジーとの融合により、優れた低侵襲治療を実現していきます。
岸本 浩行
岸本 浩行 卒業年: H9
出身大学: 高知医科大学
取得資格: 日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医
所属学会: 日本外科学会、日本消化器外科学会、日本臨床外科学会、日本内視鏡外科学会、日本消化器内視鏡学会、日本癌治療学会
自己紹介: 下部消化管の治療に携わっています。納得いただいて治療を受けていただけるように頑張ります。

特任助教

近藤 喜太
近藤 喜太 学歴: 平成6年東京大学工学部航空宇宙工学科卒
平成8年東京大学大学院工学系研究科修了
平成14年岡山大学医学部卒
取得資格: 日本内視鏡外科学会技術認定取得医、日本外科学会専門医、工学修士
所属学会: 日本外科学会、臨床外科学会、消化器外科学会、再生医療学会、内視鏡外科学会
自己紹介: 腹腔鏡による低侵襲手術は、今後すべての外科医が選択肢の一つとして身につけておくべき手術方法の一つです。小さな傷で手術するのが目的でなく、患者さんにとって最善の治療をするのが目的だと思います。患者さんにとってベストの治療ができるように、自分の技術も常に磨きながら、後進を育てていきたいと考えています。
菊地 覚次
菊地 覚次 卒業年: H16
出身大学: 岡山大学
取得資格: 日本外科学会外科専門医、日本消化器外科学会専門医、日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医
所属学会: 日本外科学会、日本消化器外科学会、日本内視鏡外科学会、日本消化器内視鏡学会、日本癌治療学会、日本癌学会、日本大腸肛門病学会
American Association for Cancer Research (AACR)
母里 淑子
母里 淑子 卒業年: H15
出身大学: 岡山大学
取得資格: 日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、臨床遺伝専門医
所属学会: 日本外科学会、日本消化器外科学会、日本消化器内視鏡学会、日本内視鏡外科学会、日本癌学会、日本癌治療学会

泌尿器科

講師

小林 泰之
小林 泰之 卒業年: H10
出身大学: 岡山大学
取得資格: 日本泌尿器科学会泌尿器科専門医、日本泌尿器科学会泌尿器科指導医、泌尿器腹腔鏡技術認定制度認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医(泌尿器腹腔鏡)、日本がん治療認定医機構 がん治療認定医、日本泌尿器内視鏡学会評議委員、教育委員会委員
所属学会: 日本泌尿器科学会、日本泌尿器内視鏡学会、日本内視鏡外科学会、日本癌治療学会
自己紹介: 泌尿器科領域の腹腔鏡手術、ロボット手術を行っております。最近では、腹腔鏡による膀胱全摘除術を開始しました。また、ダビンチを用いたロボット手術では腎癌に対する腎部分切除術、腎う移行部狭窄症に対する腎う形成術を岡山大学の倫理員会の承認をえて開始しております。

呼吸器外科

教授

豊岡 伸一
豊岡 伸一 卒業年: H6
出身大学: 岡山大学
取得資格: 日本外科学会専門医、日本呼吸器外科学会専門医、米国 USMLE(前 ECFMG)試験合格 等
所属学会: 日本外科学会、日本呼吸器外科学会 日本胸部外科学会等
自己紹介: 低侵襲治療センターの呼吸器外科部門を担っています。手技としては①完全胸腔鏡による肺・縦隔腫瘍の低侵襲手術、②新しい手術器具、気管支形成技術等を駆使した肺機能温存を目指した低侵襲手術、②進行肺がんに対する抗癌剤+放射線治療後の手術、を行っています。

講師

宗 淳一
宗 淳一 卒業年: H10
出身大学: 岡山大学
取得資格: 日本外科学会専門医、呼吸器外科専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、JASPEN日本静脈経腸栄養学会認定医
所属学会: 日本外科学会、日本呼吸器外科学会、日本胸部外科学会、日本癌学会、日本静脈経腸栄養学会、American Association for Cancer Research (AACR) など 
自己紹介: 胸腔鏡を用いた手術や、肺機能温存を考慮した低侵襲な術式を安全に行うことで、患者様が納得して手術を受けていただけるよう努力しております。

ページトップへ